蟹好きなら一度は食べたい開高丼 こばせ[福井]|ClickTravel

ClickTravelにようこそ!

今回紹介するのは、開高丼の宿 こばせです。

1957年『裸の王様』で、芥川賞受賞した作家”開高健”の名を冠した『開高丼』を食べさせてくれるお宿「こばせ」さんは、福井県丹生郡越前町にあります。

日本海の海岸線に沿うように建てられ、日本海に沈む夕日が楽しめます。

お宿の売りは、何といっても11月から3月までが旬の越前がにです。

 

スポンサーリンク

 

 

803dd401-9779-4cab-b90d-82d791fe2c52

ふるさとの宿 こばせ

福井県も、北陸新幹線が開通し、東京からは随分と近くなりました。

越前海岸に立地する”こばせ”は、越前温泉のお湯にゆっくり浸かりながら、何の邪魔するものなく日本海が望めます。

自慢の越前がにの漁期は11月6日から3月20日まで。

セイコガニの漁期は11月6日から12月末まで。

昼食での開高丼はご提供は11月8日から12月末までとの事です。

仕入れた蟹は一度生け簀に入れ、3日程度生け簀で飼うことによって、泥や砂を吐かせる。

この一手間と茹で加減、塩加減など独自の方法で、自慢の越前ガニをご提供してくれます。

 

スポンサーリンク

 

 

福井は、酒処でもあります。

“こばせ”では、なかなか手に入らない黒龍特別限定酒「しずく」を提供してくれます。

とは言っても、入荷数量が少ない為、急いで行かないと飲めそうもありません。

他にも、定番のお酒から季節限定など取り揃えているとの事です。

00002159e

お食事は、希少価値となった”夕朝共に部屋食”と、涙が出そうです。

越前がに、セイコガニは、勿論のこと、日本海の新鮮な幸づくしです。

日本酒が進む進むって感じです。

残念なのが、海側のお部屋にはトイレがありませんので、共同トイレとなります。

ホテルに慣れた方は、不便を感じますが、民宿は、みんなそうですよね。

開高丼

『開高丼』とは、芥川賞作家”開高健”さんが、”こばせ”に滞在された際に、こばせの方が開高さんの食に対する貪欲さに答える為に、考案された、言わば「開高スペシャル」といえる裏メニューだったものです。

美味しさを例えるなら、日本海の旨みを十分に身に蓄えたセイコガニを満載した開高丼は”海の宝石箱”。

NHKの新日本風土記にて紹介されました。

2013年2月22日 越前の冬 

 

スポンサーリンク

 

 

食べごたえはは十分な丼です。

それだけではなく、セイコガニの甘さを十二分に味わえる丼に仕上がっています。

昼食での開高丼はご提供は11月8日から12月末まで(原則)との事です。

大変人気の丼で、6ヶ月前からの予約を受付けているようです。

1日13食限定だそうです。

kaikoudon-setumei

開髙丼は、炊きたてコシヒカリ2合にセイコガニ8杯をちりばめた、大変贅沢で豪快などんぶりでございます。

今はやりの「デカ盛り」をねらったお料理では決してございません。

開髙先生と同じものを食したい! 征服したいと願うファンの方々のために、開髙先生が召し上がったものを質、量ともに再現したものでございます。

先生はコレを平らげ、「うまい!」とおっしゃったわけですが、通常は2~4人で一つの丼をとり分けてお召し上がりいただいています。

kaikou-don-23

開髙丼は材料のセイコガニの漁期にあわせてお出ししています。

越前がには11月6日~3月20日までが漁期ですが、セイコガニは資源保護のため、11月6日~12月末までとなっています。

ですので開髙丼も1年でわずか50日間だけご提供させていただいています。

「開髙丼」と名乗る以上、クオリティーを落とさない。

まずいものをお出しすることは先生に失礼であると私共は考えています。

近頃はセイコがに丼は一般的なお料理かもしれません。

たかがセイコガニ丼でございますが、他では決してまねのできない、手間と時間、情熱をかけてご提供させていただいています。

「開髙丼」は開髙丼と呼べる品質と、歴史を併せ持ってはじめて開髙丼なのです。

現在の技術で大量調理、冷凍保存も可能かと思いますが、そのような丼は開髙丼と名乗る資格はないと考えています。

※生け簀でセイコガニを活かしていますので、1月以降でもご提供可能な場合もございます。お電話にてお問い合わせ下さいませ。

50_2

オリジナルサイズの開髙丼は、1つ11,400円(税サービス料込)でございます。

1人前ではございません。

こちらを人数で取り分けてお召し上がり下さいませ。

2~4人まで。

4人で召し上がれば2,850円/お一人になります。

こちらに人数分の、お吸い物、香の物、フルーツがつきます。 半分の大きさの6,800円(税サービス料込)は1名様~2名様用となります。 1.5合のサイズ9,000円もございます。

大変手間のかかるお料理ですので、必ずご予約していただきお越し下さいませ。

当館は予約なしでは入れないなどという堅苦しい旅館ではございませんが、予約状況などにより、その場でお受けできない場合がございます。

遠方からお越しになり、玄関先でお断りすることは大変心苦しい物です。

なにとぞご理解下さいませ。

お昼の営業時間は、11時30分~2時(チェックアウト)夜は、5時30分からでございます。

宿泊の場合、開髙丼のみのプランはございません。

 

スポンサーリンク

 

 

Goodle Map

名称

すてきな夕日に出会える宿

ふるさとの宿 こばせ

住所 福井県丹生郡越前町梅浦58-8
TEL 0120-37-0018
ご案内

福井鉄道バス、かれい崎行き長谷の間(はせのま)下車すぐ

12月1日~2月末までJR敦賀駅より当館直結のシャトルバス運行

URL

 

Google Ads

関連記事

ご当地歌碑 ふるさと 五木ひろし[福井]|ClickTravel

ClickTravelにようこそ!今回紹介するのは、ご当地ソングの歌碑と尋ねる旅の第五弾!昭和の演歌

記事を読む

恐竜が住む森 かつやまディノパーク(福井)

Clicktravelにようこそ!今回、紹介するのは、福井県にある恐竜のテーマパークです。お子さんと

記事を読む

Google Ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google Ads

橋巡り 耶馬渓橋(オランダ橋) [大分]|ClickTravel

橋巡り|ClickTravel ClickTravelにようこそ!

ご当地歌碑 別れの一本杉 春日八郎[茨城・福島]|ClickTravel

ClickTravelにようこそ! 今回紹介するのは、ご当地ソングの

大仏巡り 森の石松も拝んだ?遍照寺大仏 [静岡]|ClickTravel

ClickTravelにようこそ! 今回紹介する大仏巡りは、静岡県周

橋巡り アクアブリッジ [千葉]|ClickTravel

橋巡り|ClickTravel ClickTravelにようこそ!

ご当地歌碑 宗谷岬 千葉紘子[北海道]|ClickTravel

ClickTravelにようこそ! 今回紹介するのは、ご当地ソングの

→もっと見る

PAGE TOP ↑